漫画家からシステムエンジニアに転職を考える方は一体どのくらいいるのでしょう。
漫画家=(イコール)システムエンジニアの接点は、なかなかみつからないように見えます。
しかし、この2つの職種はまったく違う分野でありながら、実は繋がっている部分があるのです。
漫画家になるには、まずはプロの漫画家のアシスタントから入る方法があります。下積みをしながら、自分の漫画を出版社に売り込んだり、賞を取るために応募する方法などいろいろです。

しかし、プロの漫画家を目指しても実際になれるのは、ほんの一握りです。
最初は夢見て頑張っていても、現実は厳しく夢を諦める方もいらっしゃいます。
そうなると、次の仕事はどうしようと悩まれるかと思います。
自分のスキルを活かした仕事とはなにか。これから長く働ける職場を見つけるにはどうすればよいか。さまざまなことが頭の中でうずまくはずです。転職とは、今だけではなく将来にも左右するのですから。

もしそんな現実に直面したら、漫画で活かしたスキルが役に立つはず。
最近の漫画家はPCを使って作業することが多く、長時間の作業にも対応できる精神力があるからです。PCを使った仕事となると、システムエンジニアなどがあります。
未経験でも会社がバックアップをしてエンジニアとして育てるところや、独学でマスターする人もいます。
物語の構築、システムの構築などの共通点があり、業務を通してやりがいを見つけることができますよ。
もし漫画家からの転身に興味がある方は、こちらのサイトを参考にしてみてください。