情報技術の業界が、経済の分野で大きく伸びています。
情報技術は現代の産業の花形であり、これからもさらに大きく成長することに期待されています。
しかし一方で、情報技術開発を支えるエンジニアの確保は、難しいというのが現状です。
コンピューターシステム開発に関わるエンジニアの人材が、不足しがちです。
こうした人材不足が生じる背景としては、システムエンジニアの仕事の理想と現実に、大きなギャップが存在しているためです。

最先端の開発分野に関わることができるエンジニアを目指した結果、この仕事を選んだという人が多いです。
しかし、仕事が忙しく厳しいという現実に大きなギャップを感じてしまい、システムエンジニアから転職してしまうといったケースも多いです。
エンジニアの人材不足を解消するためには、理想と現実とのギャップを埋める必要があります。
問題解決のための対策方法としては、システムエンジニアを目指す人たちに親しみやすいメディアでエンジニアとしての魅力を知ってもらうことが大事です。

その方法として漫画での手段が有効です。
システムエンジニアについて書かれてある難しい文章より、漫画を通じて厳しさとやりがいを理解してもらう方がいいでしょう。
漫画家からシステムエンジニアに転身した人が描いた漫画ならなおさら。
実際のシステム開発などの工程がリアルに感じ取ることができ、まずはどのような仕事であるかについて、知識と心構えを持つことができ、ギャップを感じずに済みます。